妊活中・妊娠中の花粉症に小青竜湯はNG!

いよいよ花粉症の季節がやってきたので辛いです。
美香さん
あっこ先生
そうね。スギ花粉が飛ぶ季節到来やね。マスク、手洗い、うがい、鼻うがいなど外から帰宅したら続けてね。早めに抗アレルギー薬を飲んで予防する方法もあるわね。
でも、妊活中なのでいつ妊娠するかわからないのでお薬の影響が心配なんです。
美香さん
あっこ先生
そうね。抗アレルギー薬の日本の添付文書ではほとんどが「妊婦へは治療上の有益性が危険性を上回る場合のみ投与すること」ってなっているものね。
だから、今年は安全といわれる漢方薬で予防していきたいと考えているんです。
美香さん
あっこ先生
でもね、漢方薬でも妊娠中に注意が必要なものがあるのよ。
ええっ?知らなかった。
美香さん
あっこ先生
アレルギー性鼻炎の小青竜湯や風邪薬で有名な葛根湯も妊娠中は避けたほうがいい漢方薬なのよ。
そうなんですね。漢方薬はどれでも安全だと思っていました。
美香さん

漢方薬は「副作用がない」「効き目が穏やか」「即効性がない」などと思われている方も多いと思いますが、効き目があるということは、目的ではない効果(副作用)が出ることもあります。

また、葛根湯やこむら返りの芍薬甘草湯のように即効性のあるものもあります。

アレルギー性鼻炎の治療薬で知られている「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」の中には麻黄(まおう)という生薬が入っていて主成分はエフェドリンというアルカロイドです。これは末梢の血流を損なったり胎盤の血流を悪くする働きがあります。妊娠中の血圧を上昇させたり、強い発汗作用や動悸、不眠を招く原因にもなります。

 

妊娠が考えられる妊活さんや妊娠中の方は、安泰薬(安胎薬)といわれる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)をお勧めします。血や水の巡りを良くしてくれて妊娠中のお腹の張り、むくみ、貧血なども改善してくれます。

 

それでも、鼻水が止まらなくてしんどい時には「苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)」をお勧めします。

葛根湯にも麻黄が入っています。

 

あっこ先生からのメッセージ

妊活中や妊娠中、授乳中の服薬には注意が必要ですよね。

お薬に頼らなくても症状を改善する方法があったり、お薬の内容や服用法で不調を改善できます。

一人で悩んでなくて、かかりつけのお医者さんや薬剤師に相談してみましょうね。

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-あっこ先生の保健室, あっこ先生の妊活相談室

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.