赤ちゃんを望んだら夫婦で受けよう(ブライダルチェック)

赤ちゃんを望まれたら、まず初めにしてほしいこと。

そして、結婚後でも結婚前でもいずれ妊娠・出産を望まれる女性に生理不順や生理痛などのお悩みのある方には受けていただきたい婦人科系の検査なのです。

今日も学校帰りにあっこ先生の姪っ子凛ちゃんがやってきています。

凛ちゃんはあっこ先生が大好きなのですが、あっこ先生の話を聴いているうちにちょっとおませさんな傾向に。

あっこおば様、仲良しの裕子ちゃんのお姉ちゃんが来月結婚するんだって。
凛ちゃん
あっこ先生
あら、それはおめでたいわね。「ジューンブライド」6月の花嫁さんは幸せになれるという言い伝えがヨーロッパにはあるのよ。
そうなんだ。それでね、裕子ちゃんが言ってたけれど、お姉ちゃん結婚前に産婦人科に行ったんだって。赤ちゃんまだできていないのに。ねえ、なんで?
凛ちゃん
あっこ先生
あら、お姉ちゃん偉いね。それはいいことだわ。
いいことなんだ。
凛ちゃん
あっこ先生
裕子ちゃんのお姉ちゃんは、結婚後赤ちゃんが望める体かどうかを調べに行かれたのよ。どこかに疾患があれば早めに治すことができるからね
ふ~ん。凛も王子様が現れたらうけよぉっと。

ねえ、もう少し詳しく教えてね。

凛ちゃん

ブライダルチェックは主に妊娠、出産を控えた女性が受ける検査のことです。

赤ちゃんを望める体の状態かどうかを知ることができ、婦人科系の疾患の早期発見にもつながります。

問診:月経周期や状態、既往症、アレルギー、感染症などを聞き取ります。

内診:子宮や卵巣、外陰部や膣内を調べます。

血液検査:血液型、風疹抗体検査、梅毒検査、クラミジア抗体検査、HBs抗原検査(B型肝炎)、HCV抗体検査(C型肝炎)、HIV検査(エイズウイルス)など。

超音波検査:子宮筋腫、子宮内膜症などの子宮の病気や発育状態を調べます。

AMH検査(抗ミュラー管ホルモン検査):卵巣年齢検査ともいわれ、卵巣予備能を調べる検査。

費用は検査の内容やクリニックによって価格が違うのであらかじめ聞いてから行くのもいいかもしれませんね。

あっこ先生からのメッセージ

「ブライダル」という名称から結婚が決まったら受ける検査のようなイメージを持たれるかもしれませんが、結婚後赤ちゃんを望まれた時期に受けられることもできます。また、生理不順や生理痛が酷い人は、なにか疾患があることも考えられますので、いずれ赤ちゃんを望まれるのであれば早く受けていただきたいと思います。

また、不妊の原因が男性にも50%あることがわかってきました。女性だけではなく男性にも性感染症がないか、精子に異常がないかなど調べておくことは大事です。

最近は婦人科でも夫婦でペア検査プランなどもあるようです。ぜひ、恥ずかしがらずに受けておかれるのはいかがでしょうか?疾患があれば治療しておくことが赤ちゃんを授かる近道だと思うのです。

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-あっこ先生の保健室, あっこ先生の妊活相談室
-

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.