春の七草がゆ

春の七草がゆ

1月7日は「人日(人の日)の節句」の行事でもともとは前漢時代の中国の新年の運勢占いでした。

唐の時代になり7種の若菜を入れて汁物をたべて無病息災を願ったそうです。

それが日本に伝わり、早春にいち早く芽吹く七草は邪気を払うと考えて、新年の無病息災を願って七草粥をたべる習慣が広がりました。

お正月でおいしいものを食べすぎた人にも、お粥という消化吸収が良い調理法で胃腸をいたわってくれます。また、七草は青菜の不足しがちな冬場の栄養補給にもなります。(現代では1年中スーパーでも野菜は手に入る世の中ですが)

 

日本のハーブである七草にはどんな効果があるのでしょうか?

ごぎょう:母子草とよばれるキク科の草 解熱 咳どめ 風邪の予防

ほとけのざ: コオニタビラコと呼ばれるキク科の草  健胃整腸作用

(現在、仏の座と呼ばれているものはシソ科の草で別種)

せり:  せり科 体にこもった熱をとってくれます。冬の間に溜まった毒素を出し血を浄化

香りには ストレス緩和、鎮静作用

すずな: 神を呼ぶための鈴  アブラナ科 かぶのこと

消化酵素アミラーゼを含み消化促進 整腸作用

すずしろ: 邪気のない純白  アブラナ科 大根のこと

消化酵素アミラーゼを含み消化促進 整腸作用

なずな: 別名 ペンペン草  アブラナ科 利尿効果、解毒、むくみ解消

はこべら: 繁栄する 繁栄がはびこる ナデシコ科 腹痛どめ 血の道症 産後の浄血

 

七草がゆ

米 2/3カップ  水 6カップ 七草パック (4人分)

或いは、炊飯器でお粥のメモリに合わせて炊いてね。

炊きあがったお粥に塩で味を調えて、あらかじめ湯がいていた七草を刻んでトッピング。

一緒に、昆布や貝柱と炊いてもおいしいですよ。

 

七草が手に入らなくても、ほうれん草や三つ葉、ねぎなどで代用すればOK!

 

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-あっこ先生の保健室, おうちで薬膳

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.