妊活ごはん かんたん手作り発酵食品(塩こうじ豆腐)で免疫力を高める

 

妊活ごはん 発酵食品で腸内環境を整えましょう!

*赤ちゃんを授かる体作りに食べるもの。
それは、生活習慣病予防にも老化防止にも活かせます*

腸内環境は健康を左右することはご存知だと思います。

ヒトの免疫細胞の半分以上が腸内に生息し善玉菌が免疫細胞を活性化させます。

細菌やウイルスをはじめ花粉アレルギーに季節を迎えましたが、腸内細菌の善玉菌を増やすことで免疫力を高めカラダを守ることができるのです。

 

授かる体づくりは腸内環境を整え免疫力アップ。

お腹の中にいる赤ちゃんの腸内は無菌だけど、主には産道を通って生まれてくる時にママの腸内細菌を受け継ぎます。

一歳くらいまでに腸内細菌の組成は作られてしまうのです。

腸内細菌の中には日和見菌という、悪玉菌にも善玉菌にも変わるどっちつかずの菌がいて、多い方の菌につきます。

だから、毎日食べる食事で善玉菌を増やせばいいのです。

 

【塩こうじ豆腐】

すいれん堂薬局の管理薬剤師の育ちゃん先生が発行している薬局通信に塩麹豆腐の作り方が載っていました。

今まで塩麹を魚やお肉につけたり、野菜炒めの調味料として使ってきたけれど、豆腐にぬったことはありませんでした。

チーズのような味になるらしい。
よし、作ってみよう。

①豆腐をキッチンペーパーに包み1〜2時間水切りをする

②豆腐両面に塩麹小さじ2を薄く伸ばしてラップする

③冷蔵庫に入れ3〜5日ほど置く

待ちきれずに2日目に食べたけど、もう少ししっかりと水を切り、長期間寝かした方がよりチーズに近づく気がしました。

 

 

 

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-おうちで薬膳, 妊活ごはん

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.