生殖機能アップの妊活ごはん(おせち料理をリメーク)

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、お正月休みもあっという間に終わりましたね。

それでも、おせち料理など料理や食材が残っているご家庭も多いのでは。

 

そこで、妊活さんに食べていただきたい「腎」の働きを補ってくれる食材

おせち料理の余った海鮮とアサリの水煮缶で具たくさん変わりクラムチャウダーを作りました。

お雑煮の金時人参や、大根、ほうれん草も刻んで入れました。

 

冬は「腎」にトラブルがおきやすいんです。

「腎」って腎臓?

西洋医学では解剖学的に「腎臓」という臓器で考えますが、中医学では働きで考えます。

「腎」は親からもらった生命エネルギーを蓄えていて、成長発育、生殖機能、水分代謝と貯蔵の働きを司ります。

 

そこで、

海の塩辛い味(鹹味)の食材は腎の働きを補ってくれると考えられています。

魚介類、海藻類がこれに当てはまります。

クラムチャウダーは冬にはおすすめのメニューです。

じゃがいもとピザ用のチーズも加えたので美味しく仕上がりましたよ。

 

海藻類は水の老廃物である湿痰を流してくれる働きもあります。

ただ、体を冷やす食材が多いので、妊活さんや冷え症の人は気をつけてくださいね。

サラダなどの生で食べるときはドレッシングに生姜を擦りおろして加えたり、

スープやみそ汁、煮物に加えるなど熱を加えた調理法にすることで、冷やす作用を緩和することができますよ。

 

今年もみなさまのお役に立つお話をしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-おうちで薬膳, 妊活ごはん

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.