食べる!妊活 妊活力アップ♫きのこ

こんにちは。

秋は実りの季節。きのこは秋の季語でもありますが、今では年中スーパーには並んでいる食材ですよね。

天然ものきのこは6~7月の梅雨、9~11月の秋雨の湿気の高い時期にたくさん発生します。

 

きのこ類の多くは胃腸を元気にし、消化吸収力を高めてくれることで「気(エネルギー)」を補ってくれます。

 

疲労回復効果や免疫力を上げてくれるのはもちろんのこと、妊活さんにとっては、赤ちゃんを宿し、おなかの中で育むための力(エネルギー)を養うためにはおすすめ食材の一つです。

 

そして、この「気(エネルギー)」が体温を維持し、「気」が十分にあることで、「血(体に栄養やホルモン、酸素、潤いを運ぶ)」や「水(体を潤す、ほてりをさます)」を作ります。

「気」は「血」と「水」を身体に巡らせる働きもします。

 

きのこ類には、食物繊維が豊富で便通を良くしてくれます。腸内環境が良い人の子宮環境も良いという報告もあります。

 

そのようなわけで、あっこ先生妊活おすすめ食材と認定いたします(笑)

 

ブログの写真は、先日作ったパスタを使わないグラタンです。

料理研究家 リュウジのバズレシピより

【超きのこグラタン】から、

レシピの小麦粉を片栗粉に。

きのこは舞茸、エリンギ、椎茸で作ってみました。

トースターでもちゃんと作れましたよ。

牛乳でなくて豆乳を使うので、これもいいなあ・・・と思いました。

良かったら作ってみてね。

リュウジさんの動画はここです。

https://www.youtube.com/watch?v=f15zt1bnSzs

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-あっこ先生の保健室, おうちで薬膳, 妊活ごはん
-,

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.