妊活ごはん 鶏の胸を借りよう!

妊活ごはん

赤ちゃんを授かる体をつくるために、鶏肉の胸(のパワー)を借りよう!

鶏の胸肉はもも肉(約18g/100g)より高タンパク質(約23g/100g)で低脂肪。

幸せホルモンの材料であるトリプトファン

質の良い睡眠に必要なグリシンなどのアミノ酸

疲労回復、抗酸化作用の高いイミダゾールペプチドが豊富。

 

渡り鳥が長距離を飛び続けることができるのはイミダゾールペプチドの効果。

高い抗酸化作用は卵子や精子の老化を予防してくれます。

この効果を授かる体づくりのパワーに借りない手はありません!

 

【茹で胸肉のごま白みそだれ】

材料 2人分

鶏むね肉 400~500g(1枚~2枚)  白味噌(大さじ1/2)

練りごま(大さじ1) 甜菜糖 大さじ1 クルミ 少々

下茹で用

水 500ml 酒 大さじ1  白ネギ(青い部分) 生姜 3~4枚

 

作り方

①鶏むね肉にフォークをさして数か所穴をあけ、軽く塩をしておく

鍋に水500ml胸肉 酒 ネギ 生姜を入れて火が通るまで茹でる

 

 

 

 

 

 

②練りごまと白味噌、甜菜糖を容器に入れ、鶏の茹で汁大さじ1で溶いてタレをつくる

③茹でた胸肉を切り、器に盛る

④タレを回しかけ、砕いたクルミをトッピング

 

 

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-あっこ先生の保健室, 妊活ごはん

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.