アルミ製やステンレス製の鍋は人体に害があるの?

遅めの結婚だった久美子さんは生活習慣の改善で授かりやすい身体づくりをしています。

そんな久美子さんから調理するときのお鍋についての質問です。

あっこ先生、この頃食品添加物にも注意してるでしょ。この頃はお鍋が気になるんです。
久美子さん
あっこ先生
お鍋?調理器具のこと?
そうなんです。アルミの鍋は脳の病気のアルツハイマー病の原因になるって聞いたんです。
久美子さん
あっこ先生
そういう話は聞くわね。でも、それを肯定する論文と普通に使っていては問題ないというものもあるわね。
アルミがダメならばステンレス製を考えましたが調べたらこれも六価クロムといって有害物質の危険性があるって書いてあるんです。
久美子さん
あっこ先生
ステンレス製は安価で錆に強いからフライパンや包丁などいろいろキッチンまわりには使われているよね。
ホーロー製やテフロン加工も傷がつくと金属が溶け出すとか
久美子さん
あっこ先生
久美子さん、あまり神経質にならなくてもいいと思うわ。

お料理によって素材の特徴をいかしたお鍋を使い、傷がつかないように扱い、痛んだら早めに新しいものに変えればいいと思うわ。

わかりました。
久美子さん

先日、お客さまから実際にあった質問でした。
調理器具は毎日のお料理を作るうえで欠かせません。素材によって熱伝導率が違ったり特徴があります。

調べてみましたが、アルツハイマー病患者さんの脳にアルミニウムが蓄積されていたことから、アルミニウムの調理器の影響について言われだしましたが

アルミニウム製を使うことですぐにアルツハイマー病を起こすということも証明はされていないようです。

私の若いころは鉄製のフライパンが貧血を防ぐと言われてたので、長い間使っていました。

ステンレス製の調理器具からクロムが溶け出し六価クロムになり人体への発がん性物質となると言われていますが、1000℃超える高温でも安定している合金ということで普段の調理で溶け出すことはなさそうです。

結局私にはよくわかりませんでしたが、丁寧に取り扱いながら傷がついたら新しいものに買い替えればいいのではないかと思います。

あっこ先生からのメッセージ

あまり神経質にならずに、丁寧に扱い傷がついたら早めに取り換えることで

普段使いならば心配がないのではないのでしょうか。

ちゃんとした回答ができませんでしたが、個々の人が考えて使っていただけるといいと思います。

  • この記事を書いた人

あっこ先生

森川彰子:薬剤師・中医健康養生士・予防医学食養生士・薬膳食療法専門指導士 和学薬膳®博士・JNFビジネスサプリメントアドバイザー・子宝カウンセラー

-あっこ先生の保健室, あっこ先生の妊活相談室

Copyright© すこやか妊活プログラム , 2022 All Rights Reserved.